かかとに腰かけて

かかとに腰掛けたコラム書いてます。

「こち亀終了」

どうもmacoです。

今回は「こち亀」の事を書きたいと思います。

ではではよろしくお願いいたします。

 

「こち亀」

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が「週刊少年ジャンプ」2016年42号で40年の歴史に終止符を打ち連載終了となりました。

私自身子供の頃から親しんだ最初の雑誌で「I”s」や「イチゴ100%」などにはとりわけ世話になりました。

どんなお世話だよっ!

もちろん「こち亀」の主要登場人物の麗子こと「秋元・カトリーヌ・麗子」にもお世話になりました。

 いい加減にしろ!

この度「こち亀」の連載終了のニュースを知った時は心の底からから驚いてしまい、ニュースを知ったすぐそばからインターネットで検索をかけ連載終了の経緯を辿っていました。

 

一時代の終わりを感じると共に一読者として作者の秋元治先生に多年に渡る第一線でのご活躍に心よりお疲れ様と申し上げます。

今までありがとうございます。

ちなみ麗子こと秋元・カトリーヌ・麗子のスリーサイズは最新記載情報で

B/W/H = 95.3cm / 59cm / 90cm (164巻8話「キャラに一文字の巻」より)

                     “ウィキペディア参照”

らしく私は表現力に乏しいのでこの表現が正しいかどうかはわかりませんが、

Nice body!

だと思います。

何調べてんだよ!

 

型破りで奇想天外で、そして誰よりも人情味溢れる両さんの物語に数えきれないぐらい楽しませてもらいました。

大切な物というのは、

1変えられない物

2取りかえられない物

3取りかえるつもりのない物

だと私は思っております。

「こち亀」は私だけではなく多くの方がその3つに当てはまる漫画ではないでしょうか?

私は現在勤務する会社にとって

1変えられる人材

2取りかえられる人材

3転勤させる予定を立てられている人材

であるとうっすら感づいております。

 サボってるからだろっ!

 

日々の暮らしの中でこんなとき両さんならどうするだろう?と考えてみると平凡な日常も滑稽な楽しい暮らしにどんな時も感じる事ができそうです。

 

「こち亀」の中に本田という登場人物が出てくるのですが本田はバイクに乗ると性格が荒々しく変わるとう性格の持ち主で、私はバイクには乗らないのですが仕事中とプライベートでは全然性格が違います。

 

私の場合はものすごくおとなしくなるのですが大人になってから本田の事がとても好きな登場人物になりました。

 

なにはともあれ秋元治先生がテレビでもコメントされていらした「一話一話に精一杯取り組んで来た」という話を心の支えに私の日々の業務に真剣に取り組んでいきたいと思っております。

 

追伸

「ルパン三世」峰不二子のスリーサイズはB/W/H 99.9-55.5-88.8だそうです。

 

最後まで読んで下さった方おられましたらありがとうございます。

ではではMACOでした。

Thanks