かかとに腰かけて

かかとに腰掛けたコラム書いてます。

「大阪・御堂筋」

 

どうもmacoです。

今回は僕の生まれ育った街の紹介なんかしてみたいと思います。

なにかお役に立てれば幸いです。

ではではよろしくお願いいたします。

 

 

「大阪という街・御堂筋」


 f:id:macokakato:20160919151812j:plain

1「ええとこでっせ 遊びにおいで」

2「日本のシャンゼリゼ」

3「通り沿いの銅像」

 

 

「大阪という街・御堂筋」

大阪には御堂筋という大きな道があります。

北から南への一方通行でキタ(梅田)とミナミ(難波)をがっつりつないでるのが御堂筋です。

今回は御堂筋を中心に書いてきます。

 

「ええとこでっせ 遊びにおいで」

 見出しの言葉は大阪の京橋という所にあるグランシャトーっていう総合レジャービルの売り文句です。

めちゃくちゃ有名なキャッチフレーズで僕も無意識に覚えていました。

このキャッチフレーズを知らんとなれば、ニセ大阪人のレッテルを張られてもしょうがないですね。

まぁちょっと東側なので今回は書きませんが、

もし僕が「大阪ってどんなとこ」って聞かれたならこう答えます。

「ええとこでっせ 遊びにおいで」

個人的は正解やと思ってます。(勘違いかもしれませんが、、)

 

「日本のシャンゼリゼ」

大阪にはあっちこっちに楽しい所があるのですが

スポットといいますか

道路なんですけど

御堂筋はものすごく大阪を代表する道やと思います。

普段見慣れてしまっているので、何も感じへんのですけど

たまにたまらんぐらいカッコよく思える時があるんです。

どんな時かといいますと、立ち止まった時です。

人の流れに乗って歩いていてふと立ち止まった時です。

 

キタからミナミに流れる車

通行人でいっぱいの歩道

業種様々な通りの店舗

背の高い大きなイチョウの木

 

街が生きているなと感じることが出来てカッコいいなと思うんです。

(ちょっとあげすぎですかね。)

 

「通り沿いの銅像」

これは大阪の人でも知らん人がおるんですけど御堂筋の通り沿いには銅像がズラーっと並んでるんですけど、

その中にはなんとあの考える人で有名な

ロダン

の銅像なんかも混じってるんです。

 

ホンマにポツンとおいてあります。

こんな所にロダンって感じです。

(噂では一億以上らしい)

 

まぁなんでそんなものがあるのかと言いますと

通り沿いの企業がお金を出して

フランスのシャンゼリゼをまねて

地域の美観向上のために置いているらしいです。

素晴らしい試みやと思います。

感心、感心。

 

「秋のギンナン」

でもまぁこれからの季節はあんまり御堂筋に近づかん方がええ理由もあります。

御堂筋はイチョウ並木ですので、上からギンナンの実が落っこちてくるんです。

そんでその実を踏んだら

めちゃくちゃくさいんです。

最近は冬場になるとイルミネーションが飾ってあって、人で賑わっていますけど秋口のイチョウのカラーリングもカッコええところがあります。

もしも秋頃に御堂筋に近寄ることあれば足元に気を付けて景色を楽しんでくださいね。

 

最後まで読んで下さった方ありがとうございます。

ではではmacoでした。

Thanks