かかとに腰かけて

かかとに腰掛けたコラム書いてます。

「エアレース」

どうもmacoです。

昨日の見たスポーツの事を書いて行きたいと思います。

ではで、よろしくです。

 

「エアレース」

 

1「初めて見たエアレース」

2「活躍する日本人エアレーサー」

3「天才といわれたエアレーサー」

4「空を舞台に競う」

 

「初めて見たエアレース」

仕事終わりおもむろにテレビをつけてみるとエアレースが放送されていました。

エアレース?

知らない方もおられると思います。

僕もその放送をきっかけにエアレースの存在を知ることになった一人です。

今回僕が見たのは外国の競馬場の上空と周囲を舞台にパイロンという空気で膨らんだような大きなポールの(なんか違う 表現が難しい)間を決められた順番で通過しながらタイム競う(300キロとか高速で)レースでした。

他にもレース内容の違う物もあるかもしれませんが、、

(すいません、勉強不足で)

高速で駆け抜けるエアレースの映像は

めちゃくちゃ迫力があります。

見惚れてしまいました。

 

「活躍する日本人エアレーサー」

日本人の方もおられるらしくついつい贔屓してしまいます。

しかも世界トップレベルの選手らしく偶然見たエアレースへの偶然抱いた興味の伸びしろを大幅にあげてくれました。

今回この文章書くときも少し調べてから書こうと思いましたが見終わってすぐ書いていますので知識はゼロです。

ですが完全に興味津々です。

(ガオーーーっ)

 

「天才といわれたエアレーサー」

放送されていたレースである有名なレーサーが最後のレースなったらしく、大会終了後にヘリコプターの事故でお亡くなりになられているそうです。

ツイッターのつぶやきで僕は知ったのですがエアレースだけでなく登山家でもあり冒険家でもあるらしく、お亡くなりになった事が非常に残念です。ご冥福を祈ります。

エアレースを直接見て見みたいなと思い日本国内で開催されてるのかと調べると、今年の6月に開催されてたらしいのですがまったく知りませんでした。

チケットもピンからキリまでありますが一番安いので5000円ぐらいでありました。

フラッとエアレース見にいこかなと思える金額です。(嘘つけっ)

 

相撲もそれぐらいやったと思いますので安いかなと思いました。

 

「空を舞台に競う」

個人的には紅の豚を思い出させる感じがあり正直ストライクです。

僕はさっきまでエアレースの存在も知りませんでした。(正確には一時間前)

ですが今ユーチューブやインターネット、書籍やDVDを利用して僕がエアレースのどんな所に惹かれたのか?

知って調べて発見する。

好奇心を働かせるきっかけをくれたエアレースに感謝です。

また一つ面白いことが増えました。

幸せに続く、楽しみな気持ちです。