かかとに腰かけて

かかとに腰掛けたコラム書いてます。

「パラリンピック」

 

どうもmaco です。

下手な文章ですがブログ書いて行きます。

よろしくお願いいたします。

 

 

 「パラリンピック」

オリンピックが終わりましてパラリンピックが開催されてます。

昨晩は車いすバスケを観戦(日本国内でのテレビ放送)させてもらいました。

自分が思ってたより迫力があってついつい見込んでしまいました。

結果は日本のチームは負けたんですけど選手が試合に注ぎ込む情熱がビシビシ伝わってきました。

今年のパラリンピックは広告の問題が話題になりました。

ブラジルの有名な俳優と女優が手足を意図的に欠損した(めちゃくちゃリアルに画像処理が行われている)画像を「vogue」がインスタグラムに公開した事が発端となっているらしく相当な批判を浴びていました。

 

僕もニュースで画像を見た時は(意図的な画像である事が記事のタイトルとなっていたし、世間一般で問題作と騒がれている画像)リアルすぎて驚きました。(加工技術スゲェ!!)

 

結末としては画像作成の意図が間違いであった事を謝罪する形になりました。

そのような写真を見てテレビで放映されているパラリンピックの様子を見て僕が思ったことは人間は外見よりも内面が大事やなと思いました。

 

選手の方々の競技に向き合う姿勢が地球の裏側の僕に緊張感をまとって伝わってきます。

 

今から目の前の起こる出来事から目を離したく無くなり、僕はこの瞬間の数秒後の未来を見たくなります。

 

パラリンピックの選手の方々は身体障害や知的障害という障害を抱えている事実が目に見えてわかるのですけど、それ以上に一人の選手としてオリンピックの選手達と同様に内面からあふれ出てくる

俺は、私は、鍛錬を重ねてきた

という各種競技独特のオーラを発していて、僕自身はそういう目には見えない魅力を僕なりに感じ取りました。

めちゃくちゃカッコよい

です。

 

次回開催国として願い

    

世界中の競技者がtokyoを最高峰の舞台として目指して来ます。

その時日本の中に最高のパフォーマンスが出来る舞台を準備して待つ。

もう「おもてなし」は始まっていて現状は問題ばかりのような気がしますが((;´д`)トホホ)乗り越えていってほしいと思います。

 

大会自体を開催国という名前の競技やと考えると無駄な事をしている暇はありません。

 

強く美しく華やかで情熱的

最高のおもてなし

 

一体どうやるのでしょう。

想像つきません。

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

時間が過ぎるのはあっという間です。

思うようにいかない事ばかりですが小さな幸せを積み重ねて大きな夢を叶えてください。

 

ではでは、macoでした。

Thanks